Home > お稽古体験談 > 親戚が料理教室通いを始めた件について

親戚が料理教室通いを始めた件について

すでに定年を迎え、セカンドライフを楽しんでいる叔父が九州に住んでいます。その九州に住んでいる親戚が、料理教室に通いはじめました。

その料理教室が、なかなかどうして、興味深いのです。


料理教室というと、ケーキ作りだったり、一般的な料理について学ぶというイメージだったのですが、叔父が通う料理教室はちょっと違います。

料理教室のテーマが「ハーブ」なんです。何でも健康にいいからという理由やハーブの魅力を伝えたいオーナーが始めたそうで、それに賛同して料理教室に通い始めたらしいです。

使うハーブもさまざまな種類があって、ミント、ローズマリー、ラベンダー、カモミール、レモングラスなどなど。

これらを使って、ハーブケーキやハーブティーを楽しんでいます。なんていい人生なんだろう(笑)

そもそも、料理教室は、生涯学習の1つでもありますよね。健康増進をかねたハーブ料理教室

これまでにあった、料理教室とは少し異なる切り口が話題になりそうですね。

Return to page top