Home > 学習関連事項 > 生涯学習のアンケート結果から見えてくること

生涯学習のアンケート結果から見えてくること

生涯学習という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは、その名前の通り、「人生を豊かなものにするために、生涯を通じて行なう学習」です。この生涯学習について、気になるアンケート結果が発表されています。

ここでは、生涯学習(生涯を通じてのお稽古・通信講座などによる学習)の内容についてまとめてみます。
ンケートの結果によると、国民の生涯学習の内容では、大きく3つに分類できる回答が得られたようです。

健康(医学、栄養学、健康法)・スポーツ(ジョギング、水泳、フットサルなど)」に関する生涯学習と答えた割合は、約23%。

趣味(書道、伝統文化、音楽、美術、華道、舞踊・ダンスなど)」に関する生涯学習と答えた割合は、約20%。

IT関連(パソコン・インターネット)」に関する生涯学習と答えた割合は、14%。


この上記の3つのカテゴリーが全体に占める割合は約57%と、半数以上を占めていました。やはり、健康増進、趣味、IT関連は、生涯学習でもトップクラスの人気になっていることが分かりますね。

また、「(最近約1年間)生涯学習をしていない」と回答した人の割合は51.4%ともっとも高くなっていました。

この理由として、「忙しい」と答えた人が多くいました。具体的には、「仕事が忙しく時間が取れない」と回答した人の割合は、約45%、「家事が忙しく時間が取れない」と答えた者の割合は、約19%となっていて、この「忙しい」という理由で、全体の6割以上(64.3%)を占めています。

また、約16%の人が「きっかけがつかめない」と回答していて、最初の一歩が難しいと感じている人も多いようです。

Return to page top